facebook twitter

header_SocialLogoあなたのソーシャルネットワークでログイン

Fuji Sankei Business-i on RSS

◀ 写真ニュース一覧に戻る

写真ニュース詳細

海外「ユニクロ」初の国内超え  今期売上高見通し2兆円突破、ブランド浸透   

2017年10月12日

ファーストリテイリングは12日、2017年8月期の連結営業利益が1764億円(前期比38.6%増)で、このうちカジュアル衣料品店「ユニクロ」の海外事業の比率が過去最高の39.9%だったと発表した。出店地域の気候などを考慮したきめ細かい商品展開が奏功し、中国や台湾、東南アジアで業績を大きく伸ばした。18年8月期の売上高予想は2兆円を超え、海外のユニクロ売上高が初めて国内を上回る見通しだ。

 17年8月期の売上高は前期比4.2%増の1兆8619億円、最終利益は2.5倍の1192億円だった。国内のユニクロ831店は「感動パンツ」などのヒットで売上高を8107億円と1.4%伸ばしたが、人件費上昇や円安傾向による原価率アップが響き、営業利益は959億円と6.4%落ちた。

 一方、海外ユニクロ全体の営業利益は95.4%増とほぼ倍増した。645店を展開する中華圏(中国、台湾、香港)は売上高4.1%増の3464億円、営業利益37%増の501億円と増収増益だった。スマートフォン向け広告によるブランド浸透が奏功した。東南アジア・オセアニア6カ国の163店も所得水準に合わせた手頃な商品や、イスラム教徒向けファッションで客層を広げた。

 ファストリは20年に売上高3兆円が目標。中華圏では年間100店の新規出店を続けて5年後に売上高1兆円、東南アジア・オセアニアも3000億円に引き上げる構え。

 柳井正会長兼社長は「今後も海外以上に日本で稼ぐためには、在庫を減らす努力やネット通販企業との連携などが必要だ」と述べた。