facebook twitter

header_SocialLogoあなたのソーシャルネットワークでログイン

Fuji Sankei Business-i on RSS

◀ 写真ニュース一覧に戻る

写真ニュース詳細

神鋼、別製品に偽装疑い  近く詳細説明「国内、海外で事案ある」 

2017年10月12日


神戸製鋼所がアルミニウム製品などの性能データを改(かい)竄(ざん)していた問題の舞台となったアルミ・銅事業で、新たな不正の疑いが浮上していることが12日、分かった。これまでに発表したものとは別の製品で同様の偽装が行われていた可能性があるとみて調べている。不正が確認されれば、問題製品の供給先は約200社から増加し、事態はさらに深刻化する。川崎博也会長兼社長が近く記者会見を開き、詳細を説明する予定だが、今後も不正発覚が相次げば、進退を含め重い決断を迫られそうだ。

 関係者によると、新たな不正が疑われるのは全てアルミ製品や銅製品。具体的な製品などは明らかになっていない。現時点では、鉄鋼製品や機械製品で不正は見つかっていないという。

 川崎氏は12日午前、経済産業省で記者団に「(現在判明している不正以外にも)国内、海外で疑わしい事案はある」と述べた。問題製品の納入先から損害賠償を求められる可能性もあるとした。製品の安全性の検証を終えた段階で経営責任を明確にする。

 2週間程度をめどに安全性の検証結果をまとめ、1カ月以内に原因と対策を公表する。川崎氏が問題発覚後に公の場に姿を見せたのは初めて。川崎氏は「(神戸製鋼の)信頼はゼロに落ちた。私をトップとして信頼回復に努めたい」と語った。

 川崎氏はこの日、経産省の多田明弘製造産業局長と面会した。川崎氏は「顧客や消費者にご心配をお掛けし、深くおわび申し上げる」と謝罪。不正の経緯を報告した。多田氏は「日本の製造業全体の信頼に関わる問題で誠に遺憾だ。重く受け止めている」と厳しい表現で応じた。神戸製鋼のデータ改竄は昨年のステンレス製品に続く不祥事であり、納入先が多く社会的に影響が大きいと指摘。対応を急ぐよう求めた。

 データ不正では、JR東海の新幹線で日本工業規格(JIS)を満たさないアルミの使用が発覚している。アルミ製品をめぐっては、自動車や新幹線、航空機、防衛産業向けなど広範囲を巻き込んでいる。鉄粉や液晶画面に使う金属材料でも判明している。