facebook twitter

header_SocialLogoあなたのソーシャルネットワークでログイン

Fuji Sankei Business-i on RSS

◀ 写真ニュース一覧に戻る

写真ニュース詳細

 懐かしのカセット、高音質で   東芝グループ会社 CDラジカセ発売

2018年03月12日


 東芝グループの東芝エルイートレーディングは12日、臨場感あふれる「ハイレゾリューション(ハイレゾ)」相当の音質で再生するCDラジオカセットレコーダー「TY―AK1」とCDラジオ「TY―AH1」の2機種を3月下旬から順次発売すると発表した。東芝の往年のオーディオブランド「Aurex(オーレックス)」を冠し、オールドファンを中心に売り込む。

 かつてカセットテープで親しんだ音楽をもう一度楽しみたいといったユーザーの声は根強く、同社はCDラジカセの復活を決断。シニア向けを想定するが、アナログ文化が見直されている風潮を追い風に若者らにもアピールしていく。月約2000台の販売を目指す。

 カセットの音質への不満を受け、2機種とも「アップコンバート」機能を搭載した。ボタン操作によってカセットやCD、ラジオなどの音源を、リアリティー感あふれる高音質のハイレゾ相当の音質で再生できる。同社はハイレゾ機能を搭載したラジカセは世界初としている。

 税別の市場想定価格はCDラジカセが2万7000円前後、CDラジオが2万2000円前後。