facebook twitter

header_SocialLogoあなたのソーシャルネットワークでログイン

Fuji Sankei Business-i on RSS

◀ 写真ニュース一覧に戻る

写真ニュース詳細

G7結束できず 輸入制限で溝 米大統領、首脳宣言を一転拒否

2018年06月11日

 カナダ東部シャルルボワでの先進7カ国(G7)首脳会議(サミット)は9日、首脳宣言を採択して閉幕した。宣言には、貿易赤字の解消を目指すトランプ米大統領の意向で「自由で公正で相互に利益のある貿易・投資」「関税・非関税障壁や補助金の低減」といった表現が盛り込まれた。しかし、トランプ氏はその後、議長国カナダの批判に宣言を「承認していない」と主張、〝ちゃぶ台返し〟で応じた。

 トランプ氏は9日、米朝首脳会談のためシンガポールに向かう機中でツイッターに「米市場に流入する自動車への関税」検討を理由に宣言を承認しないよう代表団に指示したと投稿した。

 サミットは、米国の鉄鋼・アルミニウムの輸入制限で紛糾。関係者によると、トランプ氏はカナダのトルドー首相、フランスのマクロン大統領、ドイツのメルケル首相を激しくなじった。カナダや欧州連合(EU)は報復関税を課すとしている。

 宣言を承認していないとのトランプ氏のツイートは、トルドー氏が9日のサミット終了後の記者会見で米国の輸入制限を「侮辱的」と述べたことに反応したものだ。トランプ氏はトルドー氏を「サミットではおとなしかったのに、私がいなくなった後に『米国の関税は侮辱的だ』という。非常に不誠実で弱虫だ」と批判した。クドロー米国家経済会議(NEC)委員長も日のCNNテレビ番組でトルドー氏を「われわれの背中を刺すような裏切り行為をした」と主張。ナバロ通商製造政策局長は米FOXニュース番組でトルドー氏には「地獄に特別な場所がある」と非難した。

 独仏はトランプ氏のツイートに「驚き、意気消沈した」(メルケル氏)などと反応。トルドー氏の肩を持ち、閉幕後も場外戦が続いた。

 (ケベックシティー 加納宏幸)