facebook twitter

header_SocialLogoあなたのソーシャルネットワークでログイン

Fuji Sankei Business-i on RSS

◀ 写真ニュース一覧に戻る

写真ニュース詳細

TDR「シー」拡張に2500億円 「アナ雪」テーマに新エリア

2018年06月14日


 東京ディズニーリゾート(TDR、千葉県浦安市)を運営するオリエンタルランドは日、TDRの追加投資としては過去最大となる2500億円を投じ、東京ディズニーシー(TDS)を拡張すると発表した。ディズニーの大ヒット映画「アナと雪の女王」などの世界を4つの新たなアトラクション施設で再現。2022年度の開業を目指す。

 TDS開業以来、最大規模の拡張で、新テーマパーク開設に相当する大規模なプロジェクトとなっている。

 同日浦安市内のホテルで会見した加賀見俊夫会長は、「これまでみたことのないテーマパークをつくる第4ステージに入った」と、今回の拡張の意義を強調。上西京一郎社長も「今回の投資で年間500億円の売上高押し上げ効果を狙う」と、経営面での効果を説明した。上西社長は、東京ディズニーランド(TDL)を含めて入場料などの引き上げも検討するとしている。

 拡張はTDLとTDSに隣接する駐車場を転用し、10万平方メートルを、テーマパークなどの用地にあて、約2割拡張する。新エリアのテーマは「魔法の泉が導くディズニーファンタジーの世界」。「アナと雪の女王」と「塔の上のラプンツェル」でそれぞれ1つ、「ピーター・パン」で2つ、計4つのアトラクション施設を導入する。TDRで5番目となる最上級ホテルも新設し、レストランやショッピング施設も建設する。

 今回の大規模拡張は、顧客満足度向上が最大の狙いだ。来場者増加の中、施設の混雑による顧客満足度の低下などで来客数が伸び悩み、打開策を迫られていた。

 すでに750億円を投じ、TDLでは「美女と野獣」をテーマにした新エリアを20年に開設する計画。これに続き、収容能力ではTDLに劣るTDSを大規模化し、混雑の解消と新型アトラクションによる新たな魅力の提供の両方を実現。訪日外国人らも取り込み、収益拡大を狙う。

 一方、オリエンタルランドは米ウォルト・ディズニーと締結しているテーマパークのライセンス契約を、最長で76年まで延長することで合意したと発表した。