facebook twitter

header_SocialLogoあなたのソーシャルネットワークでログイン

◀ トップページに戻る

ニュース詳細

シャープ、米で住宅用太陽光再参入へ

2016年09月09日

 経営再建中のシャープが、2017年にも米国の住宅向け太陽光事業に再参入することが9日、分かった。節電のシステムと組み合わせて太陽電池を販売する。14年に撤退していたが、親会社となった台湾の鴻海精密工業の意向を受け方針転換した。アジアや欧州でも太陽光事業の再拡大を図っており、早期黒字化へ攻勢を強める。

 米国では現在、ビルなど事業所向けに蓄電池を使って電力使用量を抑えるシステムを売り込んでいる。これを家庭向けに応用し、高効率の自社製の太陽電池とセットで販売する計画だ