facebook twitter

header_SocialLogoあなたのソーシャルネットワークでログイン

◀ トップページに戻る

ニュース詳細

米フェイスブック、通信アプリで買い物実験

2016年09月13日

 米交流サイト大手フェイスブックは12日、同社の無料通信アプリ「メッセンジャー」を使って、事業者が製品やサービスを顧客に販売できるようにしたと発表した。当面は米国限定で試験運用し、展開地域を順次広げる。

 メッセンジャーの利便性を良くし、顧客にフェイスブックのサービスを優先的に使ってもらうよう「囲い込み」を進める狙い。新サービスでは例えば、顧客は「お好みのシャツが入荷しました」と店舗からメッセージを受け取り、メッセージに付いている「買う」ボタンをクリックして決済まで終えることができる。

 フェイスブックは、店舗からのメッセージの送信に「チャットボット」と呼ばれる人工知能を使うことを想定。4月には、チャットボット開発を支援する技術者用ソフトの提供も発表していた。

(ニューヨーク 共同)